2019年08月26日

夏休み終了?

最高気温30度ならどうにか体力的に対応できるかなと、1ヶ月ぶりのライディングはH2。1ヶ月前同様、不安はない。東海〜横羽〜金港〜石川町〜大黒〜浮島コースを堪能。
posted by 森田勝里 at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

真夏のラン

連日の高温注意報が厳重注意で、不要不急の外出や屋外の運動は控えろと言われても、股火鉢のバイクは自粛しても、週一ランは継続を身体が欲している。早朝にしようが夕方にしようが夜間にしようが、連日熱帯夜では気温差などあってないようなもの。私は視力が弱いので、夜は走りたくない。ので、日中に日陰を選んで走ることにしている。日陰を確保するという意味では午後がいい。最高気温に近い時間帯だが、日陰が長くなる。それでも足が止まるので、その時は小休止。来年のオリンピックもマラソンは全コースに仮設日除けを設置すべきでは(笑)。
これは頑張らない、無理をしない抑制力を要件としたこの季節のコツ。

ランニングウォッチは走ろうとするとバッテリー切れが頻発。直前の充電が習慣化していないので、しばらく目につく卓上に放置することにした。ブランド品にしたらバッテリーの保ちも向上するかと検討したが、GPSで光学心拍センサー付きだとGARMINを価格差がほとんどないので、意味がないことを悟る。
posted by 森田勝里 at 13:41| Comment(0) | run | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

レッグバッグ

ライディング時にはどうしてもポケットだけでは収納不足なので、何がしかのバッグが必要。かつてはウェストバッグとタンクバッグを愛用。特にコロナ製のタンクバッグは処分してしまったのが悔やまれるほどのよい製品だった。今、H2でタンクバッグを使うには傷覚悟が必要だし、ライポジからウェストバッグも近場なら避けたい。ので、必然的にレッグバッグが選択肢となった。

20190817101438809.jpg

道具の利便は価格に比例するのが基本というのが鉄則。バイク用品では信頼のブランドMOTO Fizzのホルスターバッグを選択。質感も高く操作性もいいのだが、誤算だったのは前面のメッシュポケット。降車時にキーを入れるには重宝するが、常時収納部としては、最初に破損する部分なので非常に不安。よって収納部が一つ減ることになる。まぁ運用次第でどうにでもなるのだが、いまいち納得できない。

20190817101448476.jpg

数ヶ月後、物は試しと安い中華製を入手。収納部数は解決したが、フラップの収納部が窮屈なのでカラビナ併用。しかし、マグネット固定のフラップやベルトの使い勝手がよいとは言えず、それに目をつぶっても残念ながら材質が価格なりで非常に不満。やはり道具としては納得できないという当然の帰結に。

20190817101504216.jpg

で、価格相応の使い勝手に期待して、クシタニを選択。最初から考えなかったわけでもないが、MOTO Fizzの倍という価格差から見送った経緯あり。ってかMOTO Fizzで十分という目論見だったのだ。が、これ選択しても流通在庫が枯渇、たまにWEB直販が在庫になっても、送料無料サイトの在庫を待つうちにまた枯渇という代物。再度直販が在庫になったので、送料というサービスの真っ当な対価を払って入手。収納部は必要十分、材質も上等、レインカバー付き。ボトルケースも着用できそうな頑丈な腰のベルト。欠点は自分は使いそうもない収納部前面の縦ファスナーと、野暮ったいデザインか(笑)。
posted by 森田勝里 at 10:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

降参

暑さに負け。乗りたいのは山々なれど、この暑さに乗り出すのは無理。なのでギターを弾く。
ホテルカリフォルニアのリードをさわりだけコピー。耳コピはすぐくじけるが、この曲はYouTubeに参考動画があるので、時間をかければ終わりまで到達するか?。
最近のマイブーム、あいみょんのマリーゴールド。何となくワンコーラス宅録。その作業が楽しいわけで、完璧を求めるわけじゃなし(笑)。
職場が盆休みと無縁なので(休むのは可能だが)、世間が盆休みモードと認識してなかったけど、高速道路の渋滞が状況を物語っているな。今週はランチ難民かも。
posted by 森田勝里 at 17:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

言い訳

6時に出発して、H2で房総を走るつもりだったが、夜明けの空は昨日ほど青くない。

晴れるのは間違いないから、天気に不安があるわけではない。渋滞情報を見ても、嫌悪する渋滞が発生するまでは間がある。しかし、気勢が上がらない。先週の連日の猛暑日を経たからに他ならない。バイク復帰計画を見直したら、8月は乗らない前提だった。情けなかろうが何だろうが、アラ還の身では、出先で熱中症を発症する危惧以外のなにものでもない。

この季節に乗るなら、距離はさておき、薄暮から日の出直後の時間帯に走るしかなかろうと学習した。今週末は過去データによれば多少暑さは落ち着く時期だが、予報が雨模様。
posted by 森田勝里 at 18:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする