2020年06月27日

週末ライド再開

東京の感染者は減らないが、移動制限は解除されたので、通常コースのライド。本来は日曜に走るのだが、予報が雨なので繰り上げ。土曜は車が多いので都心は外すコース。KTRCは毎回オフにセットするのも面倒なので1-にセットしてみる。
いやー、足が熱風で暑い。ジャケットはメッシュなのに厚手なので暑い。ヘルメットのチンカーテンもつけっぱなので暑い。日差しは強くないが、高温多湿で息苦しい。いずれこれが日常になるのだが、まだ体が順応してないか。
posted by 森田勝里 at 16:00| Comment(0) | Ninja H2 | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

季節が飛ぶ

こちらも約2ヶ月半ぶり、H2に火を入れる。A12もそうだが、若干セルの音が弱いとはいえ、普通にエンジンがかかるとは、バッテリー上がりを覚悟していただけにささやかな驚き。
東京の状況は日々悪化の一途、意味不明アラートは意味なし。越境を控え、首都高の都内散走コース。当然車の流れは少ないが、速いのと遅いのが混走状態という、流れに乗りにくい状況。早い方につきたいところをぐっと堪え、とにかく事故回避に徹底する。
足元はブーツからライディングシューズに変更。メッシュウェアが心地よいが、もう脛に熱風があたるし、停車時は背中が暑い。インナーウェアが必要な気温30度超えの日々はもうすぐ。
posted by 森田勝里 at 14:42| Comment(0) | Ninja H2 | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

KTRC OFF,KEBC ON

KTRCやKEBCをオフにするなんて無理と思っていたが、試してみたら、オンの時の方が違和感があった。スロットルの反応が感覚と一致して、スロットルの開け始めが特に顕著。もちろんこれは、シビアなコントロールと裏腹だが、ガツンと開けられない臆病者には(笑)、むしろ扱いやすくさえある。
しかし、いいことばかりでではなく、スロットルオフ時のエンブレの効き様は容赦ない。ガツンと閉じるのは得意なので(笑)、逆Gで上体が前に持って行かれて一瞬操作不能に陥る。これに耐えられるほど体幹は頑強ではない。
従って、KTRCオフKEBCオンが最良のセッティングとなった。難点は、始動時のデフォがKTRCオンで、始動の度にオフにセットし直さなければならない手間。
posted by 森田勝里 at 12:53| Comment(0) | Ninja H2 | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

スマホマウント再調整

格安データSIMでAndroid端末がナビとして実用になる目処がたったので、マウントを再調整。

IMG_7734.jpg

スクリーン、タンクとのクリアランスも十分確保。バンパーのみ装着のXS Maxを晒すのには抵抗があったので、満足。
posted by 森田勝里 at 16:52| Comment(0) | Ninja H2 | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

1年の成果

1年前は、H2取り回しの不安と寒さにめげて、何か理由をつけては乗らなかったが、今年はそんなことはない。何よりも、防寒ウェアの性能が凄すぎて、2時間程度の首都高ライドなら全く寒さを感じない。腰を少々ずらして踵をつける足つきを覚えたので(笑)、立ちゴケ不安が激減したのも大きい。春に向けて革ライダースの改造依頼中。
H2のスマホホルダーは支持部を調整して縦置きを可能にできた。
posted by 森田勝里 at 08:46| Comment(0) | Ninja H2 | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

代車

購入店でH2の12ヶ月点検。H2固有の点検項目である、スーチャーのインペラ点検は、エンジン冷間時でないとできないので、預ける必要がある。自宅からは少々距離があるので、片道をライディング・ウェアで電車に乗るのが億劫なのだが、ダメ元で店のレンタル車体を格安で代車に、と頼んでみた。そのタイミングが、たまたま店の検討中であっさり受諾された。代車期間中はレンタル車体として乗る時間がないので、最も気楽に乗れる車体を選択。

B30E725E-B0D2-4A99-8BC8-9318B2CC0AAB.jpg

Z125Pro残念ながら緑ならず黒。原二は初めて乗るが、原付と違って下道では走行に制限は原則ない。見かけによらず、両足かかとベッタリとはいかず、少々浮く短足体型を露呈(笑)。跨っても緊張感はなく、パワー感はエンジンなりで、それ以上でも以下でもない。復帰して最初の車体はこの程度が順当だったろうと思ったりもして。ミラーがかなり下の視線になるので、変形ミラーの視野は狭い。4速ギアはもう1速欲しい。何より閉口したのは、50〜60km巡航でステップの振動がひどい。これでは原二ツーリングを洒落込む気にはならないのでは。
H2引き取り時に乗って行き、返却は満タン返しなのだが、店周辺にGSがないってどうなのよ。
posted by 森田勝里 at 22:58| Comment(0) | Ninja H2 | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

挨拶を兼ねて

購入店にH2の12ヶ月点検の予約に行く。以前から、顔を出そう出そうと思いつつ、11ヶ月ぶりである。というのも、やっとまともに乗れるまでリハビリが進むのに半年以上かかり、都内の下道を走るのが苦手で先送りしてたら、週末の天気が悪かったりで結局このタイミング。これといって気になるところはないが、ざっと下見してもらったところ、ブレーキのかすかな鳴りも左グリップとバーエンドの隙間も固有のものということで、懸念は払拭。銀鏡塗装を褒められる(笑)。交換オイルは相談のうえ冴強を指定。帰り際に休憩から戻った担当スタッフとしばし談笑。こちらは12月のプラザ店開店の応援に偶然遭遇して以来の9ヶ月ぶり。
にしても、10月間近というのに、まだメッシュウェアでも暑い。
posted by 森田勝里 at 15:53| Comment(0) | Ninja H2 | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

房総ツーリング

H2に乗って9ヶ月、ようやくツーリングっぽく走る気になった(笑)。梅雨明け間近で何しろ暑い。家からペットボトルで水を持参したが、ヘルメットを脱がないと飲めないので、途中休憩が増える。私は本来あまり止まらない走りだが、熱中症になっては元も子もない。吸湿速乾インナーとメッシュウェアのおかげで、汗だく感はない。

IMG_20190725_075722.jpg

平日の朝の渋滞を抜ければ、その先は快適なはず。アクアラインから房総の山中に向かう。Androidをナビがわりに使うが、経由地を設定し忘れる。鴨川の手前でルートを再設定し、もみじロードを当初の予定と逆向きに進む。
まだまだ私の技量では、タイトなコーナーではH2を持て余す。とても箱根なんか行く気になれない(笑)。さりとて、寝せれば勝手に曲がっていくので、コーナリングスピードは900Rより確実に上がっている気がする。コーナー進入時のブレーキングも軽め。
もみじロードはのどかでツーリング気分を満喫できるが、めぼしい休憩場所がないのが欠点。バテる前に早く帰りたかったこともあって、そのまま帰路の高速に乗る。

IMG_20190725_093652.jpg

館山道はPAが少ない。この君津PAなんて週末に満車になったらごった返しそう。今日はガラガラで快適。しかし、インナーとウェストベルト着用では、小用は個室を使わざるを得ないので、ますます週末の遠出が億劫になりそう(笑)。
帰路は京葉道路と東関道経由。深刻な渋滞はなく、7時出発11時帰着。途中何か食べるとか、何か買うとか、そんな余興は一切なし(笑)。持参したペットボトル内の水はぬるま湯になっていた。

posted by 森田勝里 at 16:25| Comment(0) | Ninja H2 | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

デフォルト

忘れていたスロットル・ワークとクラッチ・ワークをようやく思い出したと実感するこの頃。納車時にビビったKTRCが1、KEBCがOFFでも違和感ない、むしろ自然な操作感。ZRXの安心感とH2を操る面白さが同等になった。折しも梅雨入り、これからは乗りたくても乗れない(乗らない)週末もあることだろう。
H2で気になっていたくるぶし辺りの熱風より、メッシュウェアでは上体に感じるエンジンからの熱気の方が気になりだした。

6BA3CECC-81E8-4414-9070-20FFCA9A3356.jpg
2台同時に移動することは不可能なので、2台並べた写真の構図は妥協するしかない。
posted by 森田勝里 at 01:00| Comment(0) | Ninja H2 | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

暑い

今年の5月は例年比暑くないと思うが。
H2は足首が暑い、脛よりも下、特に右。ハイカットのシューズを介しても暑いのだから、ブーツでも然りと思われ。これは耐えるしかないのか。低温火傷にならなければいいが。検索しても、ほとんどヒットしないのは、オーナーは意に介していないのか。
おたふく手袋製の廉価夏用インナーを追加調達。しかし、革が暑くても、まだメッシュウェアには早いよな、と思う。
posted by 森田勝里 at 18:36| Comment(0) | Ninja H2 | 更新情報をチェックする