2020年07月04日

Apple Watchでラン

COVID-19第二波か?ってぐらい感染者が増加してるが、検査してるから増加って何さ。今まで増加させないために検査しなかったのか?。予断を許さない状況に戻りつつあるのは間違いなく、出勤も減ることになった。必然的に、夏の出勤時にApple Watchを使う機会も減るわけで、そのままでは死蔵である。
ベルトの交換は簡単なので、散歩とランで試用してみた。得られる情報量は多く、これが本来の使い方だろうと実感。Garminでは価格で諦めた心拍計も使えるし、GPSの補足も早い。とはいえ、そんなに情報量はいらない前提でGarminを選択したのだが(笑)。

B0EE9D7D-DFF8-42DA-916C-A28E6C5644B4.jpg

ベージュ筐体を模した充電スタンドがたまらなく可愛い(笑)。
何かのおまけで付いてきたバフ2点発掘。捨てたと思ってた。一方で、捨てたはずはないと探してサコッシュ発掘。最近この手の行動が枚挙に遑がない。
posted by 森田勝里 at 14:03| Comment(0) | run | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

解除

されたからといって、直ちに日常が戻るわけではない。

あれだけなかったマスクが、店頭に出回りだしたら値崩れの連鎖。バフも流通していたので買ってみた。

20200528184522037.jpg

耳にかけるスリット目当て。材質には期待していなかったが、冷感素材ではある。装着感は後日。
posted by 森田勝里 at 18:45| Comment(0) | run | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

バフのコツ

夏日の下、密集を避けるランニングコースは、遊歩道を外し幹線道路や公園脇の歩道。にしても、車道には、明らかに通勤でも業務中でもないバイクが数多く走っていた。

思っていた以上にシューズのソールが磨耗していたので、ストックから更新、厚底デビュー。

E840C666-4B67-4ACD-A078-3A35C9BA481B.jpg

最初の一歩で反発力の高さに思わず声が出る。走り出すと確かに5〜10秒ラップタイムが上がったが、それは体力が続く限りであって、疲れると元のタイムに戻る。前傾気味で踵を腿に近づける意識を持続して走ることができれば、タイムの向上も維持できそうではあるが。

バフは余る部分を上に集めると、鼻を覆い耳下で固定してもずれないことを発見。
posted by 森田勝里 at 20:00| Comment(0) | run | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

バフ

コロナ禍の長期化は必至。危機感のない輩が公園や行楽地やパチンコ屋に殺到するので、終息の兆しすら見えず。バイクは接触とも三密とも無縁だが、事故時に医療従事者に負担をかけるので自粛せざるを得ない。事故は自力だけでは防げないから。テレワークは休日ではないので、好き勝手には過ごせない。せめてステイホーム週間なる今年のゴールデンウィークは、A12のアレンジに勤しむことにしよう。

ランニングは自粛対象外だが、マスクはすべきとの見解。人通りの少ないコースは策定したが、良識ある対応で望みたい。ランナーでもある山中伸弥教授は、マスクの代替としてバフを推奨。似たようなものを持っていた気が。

20200425131133657.jpg

スキーの防寒にと入手したものだが、流石に襟元のフリース地は暑苦しい。スキーを再開する見込みはないので、このままでは使い道がないことだし、有効利用すべく切った。着用してみると、今の陽気なら暑苦しくもなく、思ったほど息苦しくもない。フィット感は耳を覆わないと鼻・口からずり落ちるが、これはやむなし。散歩でバンダナを使用してみても、耳を覆わないと同じ結果だった。使用後の選択でも切断部は崩壊せず(笑)。
posted by 森田勝里 at 16:11| Comment(0) | run | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

厚底

正月といえば恒例箱根駅伝。厚底はブームから主流に。これまで、軽量第一でシューズを更新してきたが、選手のほとんどは足元がNike Zoom。レースに出る気は微塵もないが、Nikeのクリアランスセールに中級品のピンクの厚底があって、20%オフクーポンがあれば買ってまうでないかいwww。新年一発目の散財。

20200105161819491.jpg

一昨年の骨折で弱った筋肉から、タイム向上するのだろうか。
posted by 森田勝里 at 16:18| Comment(0) | run | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

Garmin 230J

こーなることはわかっていたとも言えるが、中華製GPSランニングウォッチのクォリティは価格なりで、動作の不安定や精度の甘さはやはり容認できなかった(笑)。そこにGarminをAmazonアウトレットで発見。「小傷」と表示されていてもほぼ無傷に違いなく、かなり割安なので、一期一会にクリック。

DC21E554-4D99-426A-AF8B-0DB05F2F72E7.jpg

このモデルは心拍計を内蔵しないが、運用ではなくても困らないオマケ機能と割り切る。写真ではわからなかったが、本体はかなりプラスチッキー、それゆえ軽いとも言えるが。

04F391E1-FD0E-4F62-A4C5-DFDBAAF1BFD6.jpg

GPS感度はかなりいいので精度も高いはず。バッテリーの保ちはこれから検証だが、かなりよさそうな予感。
posted by 森田勝里 at 19:25| Comment(0) | run | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

真夏のラン

連日の高温注意報が厳重注意で、不要不急の外出や屋外の運動は控えろと言われても、股火鉢のバイクは自粛しても、週一ランは継続を身体が欲している。早朝にしようが夕方にしようが夜間にしようが、連日熱帯夜では気温差などあってないようなもの。私は視力が弱いので、夜は走りたくない。ので、日中に日陰を選んで走ることにしている。日陰を確保するという意味では午後がいい。最高気温に近い時間帯だが、日陰が長くなる。それでも足が止まるので、その時は小休止。来年のオリンピックもマラソンは全コースに仮設日除けを設置すべきでは(笑)。
これは頑張らない、無理をしない抑制力を要件としたこの季節のコツ。

ランニングウォッチは走ろうとするとバッテリー切れが頻発。直前の充電が習慣化していないので、しばらく目につく卓上に放置することにした。ブランド品にしたらバッテリーの保ちも向上するかと検討したが、GPSで光学心拍センサー付きだとGARMINを価格差がほとんどないので、意味がないことを悟る。
posted by 森田勝里 at 13:41| Comment(0) | run | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

NIKE更新

ランニングシューズを2年ぶりに更新。ブランドは頑なにNIKE。これはPOPEYE世代の刷り込み(笑)。
D71262BD-7582-4D0B-80F8-8A292623AAD7.jpg
途中ブランクもあって、1年遅れだが。基本色不問、品質の高いバーゲン品を毎回選択(笑)。今回は厚底には届かず。
更新時毎度のことだが、クッションが劇的に改善され、軽量も相まって走りやすいことこの上ない。タイムが劇的に向上するわけでは決してないが(笑)。
posted by 森田勝里 at 17:11| Comment(0) | run | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

ランニングウォッチ

ランニングウォッチを選択するなら、GARMINで間違いない。相応の価格は機能、性能、品質の対価。わかってはいるが、レースを想定しない身には踏ん切りがつかないというか、宝の持ち腐れというか、早い話がやっぱり高価。なので、適価の中華ウォッチから、測定結果の表示を重視してチョイス。
069EE812-938B-4337-B900-2626E8433769.jpg
なんとカラーのタッチパネル、充電はマグネット接続端子。リストバンドが先に寿命を迎えそうなのが惜しい(笑)。ちなみに箱絵はグリーンで期待させるが、実物は商品説明通りのイエローである。
日本語取説付きだが、非常に難解(笑)。

さて、使用結果であるが、必要としていた経過時間、ペース、距離の一画面表示が可能、計測精度も体感と経験に比較すれば正確そうで、満足いくもの。画面切り替えが必要だが、単体で心拍測定も可能。画面の輝度は最高にしないと陽光の下では見辛いが、常時点灯ではないのでバッテリー負担は軽そう。手首の返しで画面表示されるが、ワンテンポ遅れるものの、ボタン操作もできるのでさほど不自由はない。時計画面のカレンダー表示が月日ではなく日月なのは戸惑うが、設定変更はできないのでこれは慣れ、ってかそもそもその機能を求める機器ではない。気になるバッテリー寿命は、週一ラン+放置なら1週間保つか?というぐらいの消耗だった。
健康維持の週末ランナーにはお勧めできるといえよう。レース前提の人は迷わずGARMINなり相応の機器を選ぶのが無駄がないかと。
posted by 森田勝里 at 10:06| run | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

Nike +の終焉

ランニングを始めたきっかけはNike+、iPod nano第3世代の頃。アームバンドのiPodでセンサーから記録する方式。当時のNikeのシューズにはソールにセンサーを仕込む穴があった。時を経て、センサー不要でiPodやiPhoneで記録できるようになるが、身に着ける重さが煩わしいので、スポーツバンドを使うことにした。シューズには穴がなくなり、靴紐にセンサーを固定するケースを導入。しかし、Nike+はセンサーの記録サポートを終了してしまった。自分の記録をアップロードできなくなったが、自分のペースは可視化できるので、そのまま、センサーとスポーツバンドの運用を継続した。
46B680DA-A815-49EA-B4BD-9561E9AE7277.jpg

永久機関かと錯覚するほど、センサーのバッテリーは長持ちしたが、ついに力尽きる。ところがスペアに確保していたセンサーがバッテリー切れか反応しない。ツールとしての寿命はこれで終わった。見切りをつけて、GPSランニングウォッチに移行することを決心。バッテリーが1日保たないApple Watchは選択肢にない。
posted by 森田勝里 at 16:28| run | 更新情報をチェックする