2020年07月05日

梅雨の合間

やはり走るなら日曜の方が交通量が少ない。が今日の予報も下り坂。いつもは午後に走るが、今日は午前に走ることして、空模様が怪しいので近場を A12で一回り。今日の気温はメッシュジャケットを通る風が心地よい。帰着して、ふとフロントカウル内に視線を落とすと、ハーネスが垂れ下がってる?。取り付けステーが脱落したわけではなく、すっぽ抜けたらしいが、抜けるかこんなもん?。前回はリアウインカーが緩々だったが、まぁこれは先日タンデムグリップダンパーの交換とETCのアース配線変更で締め忘れたと納得できる。やはり旧車は意味不明の挙動が後を絶たない。これに耐えられなくなると、乗り続けられなくなる。
着替え終わって間もなく、雨が降り出す。間一髪。
走行中は休憩しないので、いつも写真がないからつまらんな。
posted by 森田勝里 at 14:20| Comment(0) | GPZ900R | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

障害は続く

移動制限解除。梅雨入り。
日曜に乗るつもりが先週は終日雨。今日は辛うじて曇。が、乗る直前に降り出す。諦めかけたがすぐ止み、程なく路面も乾く。薄陽もさすが怪しい雲も垣間見え。欲張らずさくっと首都高の都心に向かう。トンネル内が乾き切っていないが、快調に走り終盤、メットにあたる雨粒の音に気づく。スクリーンを水滴が流れる。路面がウェットになる。が水たまりには至らず。そのうち止み、路面もドライに戻るが、帰宅直前にまた降る。少し前に降り出したようで、もうすぐ止みそうなタイミングに帰着。雨では乗らないポリシーで洗車もしなかったが、今回もとりあえず洗車はせずに済みそうだ。
記憶にはほとんどなかったのだが、A12もそこそこスネに熱風が当たる。
posted by 森田勝里 at 15:50| Comment(0) | GPZ900R | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

日常に向けて

2ヶ月半ぶりに自粛解除。と言っても、まだ越境は控える。ので都心環状一周も物足りないので、さくっと撮影スポットへ。

DSCN0072.jpg

スモークスクリーンとフェンダーレス交換が映える、か?。
季節も2ヶ月半が過ぎ、適切なウェアがよくわからず、春のままではさすがに暑かった。もうメッシュの季節か。
posted by 森田勝里 at 15:27| Comment(0) | GPZ900R | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

今できること

道空いてるし、ガソリン安いし、3密と無縁だし、乗ってもいいかという誘惑に駆られるが、万一の時、医療従事者に負担かけるし、自身が受入拒否されたり、十分な治療を受けられない恐れがあると思い踏みとどまる。
リターン以来、洗車をしたことがない。正確にいうと洗車が必要なほど車体を汚していない。雨の日はもちろん、路面ウェットでも乗らないし、虫が貼りつくほどの長距離も乗っていない、自慢できることではないが(笑)。汚れないなら、車体をあえて水に晒すことはない。H2に至っては、洗車でかえって鏡面塗装を痛めそうでもあるし。ので、どうせ乗れないから評判?のシュアラスターで磨くことにした。ガレージ内での作業だからマスクなんかしない。A12だけのつもりだが、せっかくなのでH2も。カウル車は磨き甲斐がある。
A12でやり残していた、シフトペダルのゴム交換に着手。部分的にすり減って軸が見えるほどなのだが、調達したパーツがサイズ的に小さめに見えるので躊躇していた。改めて現物合わせするに、サイズは適正だが、やはり装着法が力技しかなさそうである。案の定、装着半ばでゴム挿入が滞る。パークリを吹きつつ、汗流しつつどうにか完了。
片付け前の両車に何度も跨って、あー乗りたい、と呟いた。
posted by 森田勝里 at 15:40| Comment(0) | GPZ900R | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

リアレンジその2

スモークスクリーンに交換。昔は色の選択肢が豊富だったが、今はスモーク一択。スクリーンを外した作業製のよい状態で、やり残していたメーターのLED化を完了。ETCアンテナの取り回しを修正。左右非対称覚悟でミラー交換にも着手したら、基部を流用すればいいと気づく。ならカウルに手をつけず交換できることにも気づく(笑)。
作業に思いの外時間がかかり、撮影の余裕なし(笑)。
a12_16.jpg
posted by 森田勝里 at 16:49| Comment(0) | GPZ900R | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

リアレンジその1

現状維持に我慢できず揃えた、パーツの換装に着手。
純正ナンバープレートライトを流用する前時代的なフェンダーレスを今風に換装。例によってビフォアアフターの写真がうまくないのはご愛嬌(笑)。

DSCN0060.pngIMG_20200503_184728.jpg

安いが評判がいいAMC製をチョイス。作業自体は難しくないのだが、なぜか段取りに手こずるのは、最近いじり慣れていない故か。装着精度が出てないと思ったら、フレーム側の溶接のダマゆえ。難なく排除できた。想定の倍ぐらい時間を要したのもいつものこと(笑)。
点灯試験でバッテリーがさほど弱っていなかったのは幸い。
posted by 森田勝里 at 19:13| Comment(0) | GPZ900R | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

代替パーツの悲劇

モノタロウから全品10%オフのクーポンが届いたので、A12の左ミラーを発注したら

IMG_20200404_122037.jpg

なんだこの可動部のクロームメッキは。許す許さん以前に、左右非対称になってしまうではないか。
posted by 森田勝里 at 01:00| Comment(0) | GPZ900R | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

劣化は続く

正午頃の風は若干冷たかったものの、さらに気温は上がる予報。三連休も中日になれば首都高は空くかと思いきや、一向に渋滞が解消しない。どうやらCOVID19のせいで車が増えているようである。
されば近場の巡回コースでも、とウェアを春秋用に衣替えしてA12を駆り出せば、左ミラーの付け根に亀裂を発見。

20200321155903035.jpg

走ってみるも、振動でミラーが動くことはないので、交換を急ぐ必要はなさそうだが、気分的には早く交換したい。オクで安いのは品質もそれなりなので、モノタロウで純正品を調達することになろうが、これも代替パーツになっている。
巡回コースも車が多いので、早々に切り上げて給油して帰着。
posted by 森田勝里 at 15:59| Comment(0) | GPZ900R | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

タンクキャップ交換

A12は走った後にエンジンを止めると、タンクキャップから蚊の泣くような音が漏れ、そのうちキーシリンダーからエンジンが滲むようになった。危険なので放っておけないが、Assy交換して鍵2本持ちにはなりたくない。新年の挨拶を兼ね(笑)、またも販売店に照会したら、音は正常、ガソリン漏れはOリング劣化だが単体入手不可、Assy交換で鍵を移植できるとのこと。
対処を先延ばしにできないので、まずはAssy発注だが、純正部品はモノタロウで取り扱いがあり、しかも安いことを発見。配送業者次第では、再配達になると受け取りが多少面倒だが、自宅に届くならバイク屋経由より楽。ってか、バイク屋に頼むなら交換作業も、ってのが礼儀とも言える。
交換方法は、ググると写真入りが豊富にあったので、余裕を持って作業できたが、キーシリンダーを外す時に多少戸惑う。外したシリンダーをパークリで洗浄後、外せたことに安心しきってグリスアップを忘れて組み付け。

IMG_20200202_13523.jpg

新しいタンクキャップは、これまでのグロス仕上げと違ってマット仕上げ。そういえばH2もマットだったな。動きがすこぶる滑らかになり、開閉の気遣いが不要になった。
posted by 森田勝里 at 13:20| Comment(0) | GPZ900R | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

走り初め

長年にわたって、三が日に雨が降った記憶はない。

6CE17CCD-BED3-4F30-AB5B-84025A66FBD6.jpg

年末はH2に乗ったので、ローテーションでA12。撮影ポイントで写真を撮って、東雲の量販店に行くも目当てのものなし。
年末に申し込んだデータSIMが1/2に届いたので試用。ナビには十分使える感。

posted by 森田勝里 at 17:30| Comment(0) | GPZ900R | 更新情報をチェックする